top of page
  • やま

AIで業務効率化の具体的な事例

アーキテクトGの「やま」です。


現在、さまざまな現場で業務の効率化が求められAIの導入が活用されています。これまで人手に頼らざるを得なかった作業をAIに任せられるようになり、業務効率化の可能性が広がっています。本記事では、AIを活用した業務効率化の具体的な事例と、効率化に役立つAIツールを紹介します。


                                         


【目次】

  1. AIが活躍する業務領域

  2. 生産性向上に貢献するAIツール

  3. AIを活用した業務効率化の実例

  4. まとめ


1.AIが活躍する業務領域

AIが効率化に貢献している主な業務領域を見ていきましょう。


1.1 顧客対応業務

AIチャットボットやAI電話応答システムを導入することで、顧客の発言を的確に理解し適切な対応を行えるようになってきており、コールセンターの業務では、AIがオペレーターの応対を適宜支援し、効率的な対応を可能にしています。

また、客の理不尽な要求やクレーム電話でといったカスハラで、オペレータの方が精神面でやられ離職率が高いのがあります。その取り組みとしてクレーム電話をAIで怖くない声に変換(穏やかなトーンに変えて、コールセンターのオペレーターの心理的負担をやわらげる)するのが開発され実用化を目指しています。


1.2 事務作業

AI-OCR(光学式文字認識)により、契約書や請求書などの書類をデジタル化し、その内容を自動で解析することが可能です。AIは、過去の事例から学習しているため、見落としがちな重要な条項を見逃すことなく指摘してくれます。

大手企業では、AIを活用したリーガルチェックシステムを導入することで、大量の書類をリーガルチェックする手間を大幅に削減しています。



1.3 営業・マーケティング業務

ContactOutは、SNSなどのデータから見込み客の連絡先情報を自動で収集し、新規顧客開拓の業務を大幅に効率化できます。

また、AIを活用したWebサイトの最適化や、キャンペーンのパーソナライズ化なども可能になっています。AIは顧客のニーズや嗜好を分析し、適切なコンテンツやアプローチを提案してくれます。


2.生産性向上に貢献するAIツール

ビジネスパーソンの生産性向上を支援するAIツールを紹介します。ここでは、文章作成や資料作成、スケジューリングのAIツールをご紹介します。


2.1 文章作成支援ツール

Grammarly、CopyAIなどの文章作成支援ツールでは、AIがリアルタイムで文章の校正や推敲を行い、よりよい文章作成したり、一定の指示を入力するだけで、AIが完全な文章を自動生成してくれるツールもあります。企業のメール作成やプレスリリース作成などの業務で、AIによる自動生成機能を活用すれば、大幅な時間短縮になります。


2.2 プレゼン資料作成支援ツール

Tome、GPT for SlidesなどのAIツールでは、キーワードや要点を入力するだけで、プレゼン資料のスライドを自動生成し、AIが適切なビジュアル素材を選定し、デザイン性の高い資料も作成します。また、既存資料からAIが要点を自動抽出し、新たなスライドを提案するツールもあります。


2.3 スケジューリングツール

Calendly、x.aiなどのAIスケジューリングツールでは、AIが関係者全員の予定を調整し、最適な日時を提案してくれます。会議や打ち合わせの日程調整は手間がかかる作業ですが、AIが自動でベストな日時を見つけてくれるため、業務が大幅に効率化されます。


3.AIを活用した業務効率化の実例

AIの効率化機能を業務別、ツール別に見てきましたが、ここでは実際の企業がAIをどのように活用して業務効率化を実現しているかを事例としてご紹介します。


3.1 製造業界

製造業界では、製造ラインでAIを活用した不良品検知の取り組みが進んでいます。AIは過去の不良品のデータを学習し、高精度で不良品を検知ができます。従来は人手による目視検査に頼らざるを得ませんでしたが、AIの導入により検査工程が自動化され、大幅な業務効率化が実現しています。


また、設備の保守点検業務でも、AIによる画像認識技術を活用することで効率化が進んでいます。ドローンが撮影した設備の画像データからAIが自動で劣化箇所を検知し、保全計画の立案を支援します。従来の肉眼による点検に比べて、高い精度と効率が期待できます。


3.2 医療・介護業界

医療業界では、AIを活用しMRI画像や内視鏡画像などから病変を検知し、医師の診断を支援します。これにより、医師の負担が軽減されるだけでなく、病変の見落としリスクも低減できます。

介護業界では、センサーデータからAIが高齢者の異常を検知し、介護士に通知することで、事故の未然防止につながります。また、AIが介護記録の作成を支援することで、介護士の業務負担が軽減されます。


4.まとめ

AIは顧客対応、事務作業、営業・マーケティングなど、企業のさまざまな業務プロセスで活躍しています。

そしてさらに、近年注目の生成AIは、文章・プログラムコード・画像の自動生成により、従来の業務プロセスを革新する可能性を秘めています。AIを上手く活用することで、企業の生産性は飛躍的に向上するでしょう。ぜひAIの活用を積極的に検討し、業務効率化を実現していただきたいと思います。


閲覧数:5回0件のコメント

Commenti


bottom of page